弊社は、建築用、建設機械用、工作機械用等、
幅広く使用されている鋼板(鉄)の切断・溶断を行っている会社です。
ガス、レーザー、プラズマでの精密切断、溶断技術を高めてまいりました。

 近年、お客様の多様なご要望の中でより高い技術を求められる時代になりました。弊社は鋼板の切断、溶断のみならず、ドリルマシンでの穴明け加工、開先機械での切削加工、ショットブラストでの表面処理等の設備を増強し、よりお客様のご要望に応えられるよう社員一丸となって、技術、品質の向上に努めております。

 お客様の良きパートナーとして、最善の力を発揮し、満足をお届けさせていただきます。

社 名 中央スチール株式会社
所在地 〒501-0554 岐阜県揖斐郡大野町五之里塚町106
電話番号 0585-32-4401(代)
FAX番号 0585-32-4436
取引銀行 大垣西濃信用金庫 神戸支店
資本金 1,000万円
代表取締役 森田勝也
取扱品目 一般鋼材・シャーリング・レーザー切断・プラズマ切断
厚板精密熔断・各種加工品・ステンレス・非鉄金属・鋼構造物加工一式

アクセス
会社沿革
1993年11月 揖斐郡大野町中之元にて創業開始
1996年12月 揖斐郡大野町五之里に本社、工場完成 移転
        小池酸素工業社製 3Kwレーザー切断機を導入
1998年3月 小池酸素工業社製 6kwレーザー切断機を導入
県下で初大型レーザー切断機2台体制になる
1999年8月 開先加工機 ハタリー社製 FX−12S導入
切断 開先加工を始める
2006年1月 代表取締役会長 森田 謙吾
代表取締役社長 森田 勝也 就任
2007年8月 開先加工機 SHINKO社製 VX2000導入
2010年3月 コマツ産機社製 プラズマ切断機導入
6kwレーザー切断機を更新
2012年3月 小池酸素工業社製 4kwレーザー切断機を導入
3kwレーザー切断機を更新
2012年10月 タケダ機械社製 autoborer ACH−1500を導入
2013年1月 アマダ社製 copiborer GSD−32を導入
sinto社製 ショットブラスト加工機 IWC-50TR導入
各種切断、開先、穴明け、ショット加工の体制になる
2014年1月 タケダ機械社製 autoborer ACH−1500を導入
2015年11月 小池酸素工業社製 NCガス切断機 TECHNOGRAFH-4000DDを導入
2016年7月 二次加工工場 新設
昭和精工社製 ドリルマシン PCM2000VLTを導入
穴明け加工設備は全5台体制になる
2017年11月 ハタリー社製 開先加工機 FVK-20Sを導入
2018年02月 アマダ社製 バンドソー HFA300を更新
2018年11月 昭和精工社製 ドリルマシン TCV3015LDを導入
2019年03月 アマダ社製 6段(8×20材)パレットチェンジャー付厚板レーザー切断機 
LC-6030θVを導入